今日の日経平均株価から読み解く

やっと終わった子供の夏休みの宿題

毎年のようにやってくる夏休みなのですが、ウキウキしている子供とは正反対に、親としては又宿題の手伝いをしなくてはいけないと言う悩みがあるので、かなり憂鬱な毎日が始まります。

 

おまけに夏休みは朝昼晩とご飯の用意もしなくてはいけないのですが、毎日一人になれる時間が無くなる事もストレスになってしまいます。

 

今年こそは山の様な宿題をさっさと終わらせるぞと意気込んでの夏休みスタートだったのですが、気が付けばもうお盆が過ぎてしまいあっという間に夏休みが終わりを迎えている事に気が付きました。

 

これではまずいと思い早速子供達を机の前に座らせて、まずはポスターからスタートです。
そして習字やドリルを片付けた後は、最後の難関でもある自由研究に取りかかりました。
これがかなり大変なのです。

 

自由研究はまさに自由な内容で良いのですが、創作物にしても採集物にしてもかなり手間と労力がかかってしまう宿題なので、
我が家ではネットを使って下調べをしてから少しアイディアを頂いて提出しています。

 

みなさん親は本当に大変だと思うのですが、夏休みが終わればまた再び自由な毎日がやってきます。

 

はやくママ友達とランチタイムを楽しみたいなあと思いながら、また今日も自由研究に追われています。

お金に関してどう考えるか、お金とどうつきあうかは、もちろん人さまざまでしょう。「お金は嫌い」という人はおそらく稀な存在で、多くの人が基本的に「お金が好き」なのだと思います。ただその好きさ加減には、かなりの個人差があるのではないでしょうか。毎日銀行の通帳を眺めてはほくそ笑む、という人もいる一方、ふだんお金に関してはほとんど無関心で、「好きかと聞かれたらイエスと答える」という程度の人もいるに違いありません。

 

かくいう私は、「お金は人間にとって欠くことのできない大切な存在で、けっしていい加減に扱ってはいけない。お金を軽んじると人生を誤ることにもなりかねない」と考えています。実際の日常生活でも、比較的お金にはシビアなほうではないでしょうか。私のパートナーも、ほぼ同じ価値観の持ち主。つまり夫婦そろって「お金にはちょっとシビア」なのです。この金銭感覚、お金に対する考え方が近い、ということが、夫婦関係を長持ちさせている要因ではないか。私は最近、そう思うようになりました。

 

たとえばほかの、食事の好みや趣味などが近くても、もしお金の価値観がまったくちがってしまうと、夫婦生活はかなりギクシャクするように思うのです。逆に、そこだけ一致できていれば、性格などほかの部分がちがっていても、なんとかいっしょに暮らして行けるのではないでしょうか。よく「お金のことが原因で夫婦喧嘩をした」という話を耳にします。けれど、考えてみるとうちの場合、喧嘩の原因はすべて、お金以外のものなのです。そのこと1つ考えても、人間にとってお金がいかに重要なものであるか、よくわかります。

 

カードローン金利

続きを読む≫ 2013/12/27 20:49:27

物事はほとんどお金の問題で、他の事、自分の事、身の回りのことはお金に応じてよくもわるくもなっていっています。メンタル面でも人と比べて、自分はどうかというのを考えるから、たえずお金の面でも勝っていないと気分よく暮らすことができません。とくにライバル視している人は蹴落とし、自分が成り上がってやろうという意識はあるはずです。

 

お金のことというと、頭や心の貧しさがして醜い争いをしていることが多くなります。あいつがお金持ちなのはおかしい、なぜオレがお金持ちではないのか、もとからお金持ちの家のやつでなければお金持ちになれない、などいいかがりは幾らでも出てくるし、争いのもとになります。

 

お金持ちはもとからお金の問題はクリアできているため、貧乏がどういうものか判断できません。苦労を負わないため、これが性質的に難癖のある人物になりやすくなります。といっても、お金持ちはお金のあることを鼻にかける人物はいるし、豊かになるために物を買ったりしています。貧乏は貧乏でありながらもできるだけ貧乏ではいたくないから、他の貧乏を見たら自分を投影しているようにみえて共感します。苦労したら苦労した分だけ、お金持ちにも味わわせてやろうとは思うようになります。

 

 

あなたがモビットの審査に落ちない為の3つの事!

続きを読む≫ 2013/12/27 13:14:27

自動車の免許を取るため自分の財産を合わせても後20万円が必要だったのですが、当時学生だった自分に取ってはかなりの大金で、捻出する方法が見つかりませんでした。親に頼んでみたものの、そういう事は自分で稼いぐのが普通だし、これから社会人になっていくのだからお金のありがたみを理解するためにも親に頼るなと言われました。

 

当時アルバイトはしていましたが良い所手取り8万くらいで、食費やらで月3万は消えるし、服なんかもやっぱり学生という若い年齢という事もありオシャレにお金をかけていました、なので貯金なんて月2万くらいがやっとで、そんな方法じゃ免許取るのはいつになるんだと困り果ててしましました。どうしようかと悩んだ末に仲の良かった先輩に相談しお金を貸してもらう事になりました。しかし仲の良いはずなのに、お金のことに関してはしっかりしているというかなんというか、紙に自筆で名前と20万円借りたと書いてくれと言われました。その後拇印も押すように言われ、言われるがままに捺印しました。

 

その後20万円を借りて免許は無事に取ることが出来たのですが、その先輩に利子を付けて返済するよう求められるようになりました。不快感はあったものの、変な争いになるのは嫌だったので言うとおりに毎月3万円を10回払いました。結局10万円も多く払うハメになり、不信感を抱いた私はこの先輩とはそれ以来連絡を取っていません。面倒見の良い尊敬する先輩だったので、非常に残念な思いを持ったのを覚えています。今後はお金を借りるという行為はやめようと思った出来事になりました。

 

 

おすすめのサイト

続きを読む≫ 2013/12/16 17:17:16

最近は、「景気回復」と言われていますが、まだ、一般庶民までには、恩恵は届いていません。商品の値上げに、給料の据え置きとくれば、誰もが、お財布を締めるようになります。生活していく上で、削れるところから削っていくと、真っ先に削られるのは、「ゆとり」の部分でしょう。景気がいい時は、服でも、迷った時は、両方買っちゃう、とか、本を読みたいから、面白そうな本を買っていこう。そんな生活のゆとりです。無くても困らない物からまず削っていくのが普通だと思います。

 

私は、たまに、自分の不用品のCDやDVD、本などをネットオークションで売っています。しかし、2,3年前に比べると、最近では、圧倒的に売れ行きが落ちています。皆、財布が固くなっているんだなぁ、と思わざるを得ません。生活必需品でさえ、ワンランクを落としている人も多い世の中です。「贅沢品」は、今は、我慢する、という風潮です。

 

私は、不用品がゴミにならずに好きな人の元へ行って、私の懐にもいくらかでも入ってくるなら、一石二鳥だな、と考えてやっていましたが、売れないのなら、ゴミにするしかなく、大変勿体無いと思います。大型の古本屋さんへ持ち込んでも、断られるソフトもあります。せめて、スーパーなどで、タダで不用品をやりとりできるシステムがあればなぁ、と思います。ゴミを処分するにも、お金はかかるのですから。

 

 

おすすめのサイト

続きを読む≫ 2013/12/13 17:42:13

ちまたでは、これはお得です!安いです!という広告をよく出しています。見出しを読んで、安いから買いたいなと思い、説明をよく読むと長い目で見ればお得じゃなかったり、自分が条件に当てはまらなかったりしてがっかりすることもあります。最近、スーパーのチラシで豚バラ肉が4割引だと載っていました。これは買わなければ、とスーパーに行き豚バラをカゴに入れて清算しました。

 

ところが、4割引ではなかったんです。あれ?と思ってチラシを再度見てみると「国産豚バラ」と書かれていました。私が買ったのはアメリカ産の豚バラだったんです。結局、高い国産を買った方が安かったわけです。(値引き後の値段は、最安値のお店と同じくらいなので買えたとしても特にお得感もなかったです)店内のポップのそばにアメリカ産の豚バラがあったので、間違えて買ってしまう人は多いと思いました。やはりよく説明は読まないとお金を損することもありますね。

 

昔、スポーツクラブの勧誘で、1万円分の商品券がいまならもらえる、というのに飛びついてあとで後悔したことがあります。なぜかというと、商品券のキャンペーンを利用しない人(通常のルートでの入会)は入会金と3ヶ月分の月会費が無料だったからです。商品券より断然そちらの方がお得でした。お得で安い、と思ったらまず説明をよく聞いたり、下調べしてお金を損しないようにしたいものです。

 

 

おすすめのサイト

続きを読む≫ 2013/12/13 16:04:13